2016年07月23日

サバイバル要素で問題解決能力を鍛える

サバイバルモードは『マインクラフト』の基本的なゲームモードの1つ。プレイヤーの分身となるキャラクターが何も持たない状態で世界に投げ出され、そこから試行錯誤をしながら生活していくというもの。チュートリアルである程度の指針は提示されるものの、基本的には自分で考えて行動しなければならず、遭遇する諸問題に対して自分なりの解決策で対応していきます。


資源を集めて夜になるまでに小さな家を建てることが出来た

例えば、夜にはモンスターが出現するため安全を確保することが必要になりますが、その解決方法は様々です。木を伐採して木材を入手し家を建てたり、山の斜面に横穴を掘って仮住まいにしたり、単純に地面に穴を掘ってその中で夜をやり過ごしたりと、今の自分の状況や考え方によって人それぞれのアプローチが出来ます。『マインクラフト』ではこうような出来事が次々と起こり、プレイヤーは「問題を解決」あるいは「目標を達成」するために試行錯誤を繰り返します。失敗した時には「次はこうしてみよう」と考えたり、上手く行ったときでも「こう工夫すればもっと良くなるんじゃないか」と試したり、問題や目標に向かってどのように対処するか、その考え方が身につくと言われています。
エルソード RMT


この記事へのトラックバックURL

http://lonelylonely.fukuokablog.jp/t10053
上の画像に書かれている文字を入力して下さい